忍者ブログ
読んで楽しい、腹立たしい、どうにもこうにもアホらしい、勝手でマニアックな映画評、ドラマ評。 Copyright (c) 2011 theosakaspirit. All rights reserved.
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

ヒュー・グラントといえば。
日本でブレイクしたきっかけは映画「モーリス」だった。
ジェームズ・アイヴォリー監督作品。

で、ジェームズ・アイヴォリーが気に入ってる、と云ったら即座に「ホモ映画が好きなのか」などとぬかしやがった野郎に酒をぶっかけてやりたかったのは、新宿三丁目の酒場(二丁目ではない)だったな。
そもそも、『それ』揶揄に用いることが、ホモセクシュアルに失礼だったんだよ。
でも、まぁ、酒ぶっかけなくてよかった。ありゃあ、先輩だったから。
発言は、軽い気持ちだったのも知ってる。ふた昔も前の噺だ。

「モーリス」も観たが、あれはヒュー・グラントを押し上げる売れ筋だった。
本当は悪くない映画だが、どうも近年とくに市場が膨らんだボーイズラブ産業延長上カテゴライズされたような、気分の良くない事象がみられる。

当時、アイヴォリーで衝撃を受けたのは映画「熱砂の日」

ちょっとマニアックらしく、DVDが見当たらない。
確かに解りにくい。
解らなかった、と云ってもよい。
何を結論だと思えば正解なのか、わからん難解で。
が、しかしおもしろかった

「モーリス」が大当たりしたので誤解されがちだが、アイヴォリー作品では、強い女が柱になるようだ。
女が強い。そして、辛い。

ハッピーな映画も手掛けるが、若手時代にはヨーロッパやアジアでの活動期間が長く、アメリカ映画では受け入れられにくい困惑のなかで幕を閉じるような作品が上手い

まだ観ていない作品ゾロゾロ
ハマると凄いことになりそうだ。

Copyright (c) 2011 theosakaspirit. All rights reserved.

にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ人気ブログランキングへブログランキング

拍手

PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
カレンダー
08 2018/09 10
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
ブログ内検索
フリーエリア
あわせて読みたい
バーコード
P R
忍者ブログ [PR]