忍者ブログ
読んで楽しい、腹立たしい、どうにもこうにもアホらしい、勝手でマニアックな映画評、ドラマ評。 Copyright (c) 2011 theosakaspirit. All rights reserved.
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

やっぱり、いうか。
もうな。やっぱり、やな。

「遅咲きのヒマワリ」、いよいよ後半突入で。
出たか、『そのカード』。

ジワジワと外堀を埋めるように積み上げられた、その流れ。
はい、『そのカード』きたね。

なに、それ?
2枚抜き?
あ、なんか、違う種目になってもうた。

ひとりの登場人物の、ひとつのエピソードで。
予告編、ちゃっかり2話分引っ張れたもんなぁ。
桐谷健太くんが、釣り具担当定着中。
釣り師、ではない。
厳密に言うなら、彼は『ルアー(疑似餌)』。

どこを切っても、誰をクローズアップしても。
どないに入り組んだかて大丈夫、な、キャスティングで。
若い男女もさることながら、脇を固めるおとっつぁんたちも百戦錬磨。
どの場面も安心して観てられるがな。

そのうちの、一人やんね。

しかし、これが『カード』やったわけや。

この一年ほどで、悲恋はすっかり十八番。
不倫の恋も何のトリックか、イノセントに変える。
チャンネル権の最も集中する層に、きっとストライク。
かな?

ここしばらく、そこそこ女には手慣れたキャラでこなしていたが、今回は女に不慣れな朴訥クンで。
不慣れな役づくりも、実は手慣れていればこそ、か?
色男め。

国仲涼子ちゃんやぞ。
めっちゃ可愛いねんぞ。
あの可愛い顔で、頭の中は芝居のことでいっぱいやねんぞ。
あんなリアルに照れ笑いされたら、そら、もう。

いけ!
いてまえ!

あ、すんません。

それにしても、もう一方の不倫の恋との落差がデカい。
文学先生、正統派の浮気野郎やもんね。
嫁さんも、元教え子の設定やろか?

主演の生田斗真くんもお気に入りを公言の、さよりサンと順一くん。さて反響は?

「順一くん、死なないで!」な流れらしいんで、盛り上がってるんかな?

これで番組公式サイトが、思いっきりネタバレせんかったら、盛り上がりもさぞやデカかったことやろうに。

自分の知ってる僅かな情報をひけらかしたい欲求は。
幼児性。

予告編だけが情報の全てだった時代は、視聴者は一週間をワクワク過ごしたもんさ。

先を知らんから、テレビドラマは楽しみにできる。
なぁ?
視聴者も、たの四万十。

Copyright (c) 2011 theosakaspirit. All rights reserved.

にほんブログ村 テレビブログ テレビドラマへにほんブログ村 芸能ブログ 男性芸能人・タレントへ人気ブログランキングへブログランキング


拍手

PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
カレンダー
06 2018/07 08
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
ブログ内検索
フリーエリア
あわせて読みたい
バーコード
P R
忍者ブログ [PR]