忍者ブログ
読んで楽しい、腹立たしい、どうにもこうにもアホらしい、勝手でマニアックな映画評、ドラマ評。 Copyright (c) 2011 theosakaspirit. All rights reserved.
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

ドラマ「激流」、前半終了。

家人の付き合いのような形で見始めた番組、とはいえ。
まぁ、毎度、チャンネル権は筆者には、ない。

国仲涼子ちゃん好きやし。
カンニング竹山(竹山隆範)さん、好きやし。
桐谷健太くんも好きやし。
山本耕史くんは、二代目(初代:栗塚旭さん)土方歳やし!
ともさかりえちゃん田中麗奈ちゃんは、あんまり出演作を観てへんかったけど、キャリア積んではるんやし。

しかし。
2話目で観るのやめたろか、と思ったのは本心。

2話の終盤の毛利先生(賀来千香子さん)が登場した場面で、この番組の本性「●曜サスペンス劇場」あるいは「●曜ワイド劇場」、または「●村●太●サスペンス」と判明。
真の主役はこっち(賀来千香子さん)やってんや。
正直に言いなされ。

『群像劇』たるものは、主人公を含む複数の登場人物の生活を並行して描きながら、それらの人々が物語の主軸に沿って関係しあう劇である、と解釈している。
まったく別の劇を何か一点の共通点のみで串刺しにしてみせる、オムニバス劇ではない。
主軸は一つの事柄で、並走する全ての場面が繋がっているのが群像劇。

しかし、や。
ドラマ「激流」は何をに物語が進んでるんか、が無いんやね。
ドラマの軸が画面に映ってないねん。
珍しいわ、こういうの。

冬葉(刈谷友衣子ちゃん)は人々の再会を促すきっかけであって、物語の『軸』になってはいない

そんで、全8話の前半が既に終了するも、物語の進捗は芳しくなく。

回想場面の後から台詞で同じ話題を語り始め、映像で見せたものを別途台詞で長々説明し始め。
そら、時間、かかるわ。
ちょっと、あの、同時進行て、知ってます?
映像と台詞、同時進行できまっせ

これは後半、ジェットコースターや。
映像劇放送劇(映像と台詞が平行線やからね)と、主役(サンクマ)と真の主役(音楽の先生)と、冬葉(刈谷友衣子ちゃん)のメールの正体と、殺人事件ふたつ過去の事件と。
1話で前振りしたっきりの、美弥(ともさかりえちゃん)の実家(弟含む)の件もある。
そんで、ストーカーの留美(佐津川愛美ちゃん)のホラー短編ドラマ(もう別世界やもん)と。
ついでに山本耕史剣豪の大立ち回り、は、ないか。

残り4話で全部詰め込もう、思たらたいへんでんな。

そうそう。
実は、筆者は編み出した。
この軸の無い、なかなか進まないドラマを楽しむ方法を。

近こう、近こう。
大きい声では云わんからな。

録画、がミソや。
録画して、場毎に観る

え? そやから。
『場』毎に切って、観る。
寸劇と思って観る。

おやおや。
これはこれは。

やっぱりなぁ。
みんな巧い役者やんか。
場で切ったら、芝居は面白いで。

Copyright (c) 2011 theosakaspirit. All rights reserved.

人気ブログランキングへブログランキングにほんブログ村 芸能ブログ 男性芸能人・タレントへブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村 テレビブログ テレビドラマへにほんブログ村 テレビブログへにほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ

拍手

PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
カレンダー
11 2018/12 01
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
ブログ内検索
フリーエリア
あわせて読みたい
バーコード
P R
忍者ブログ [PR]