忍者ブログ
読んで楽しい、腹立たしい、どうにもこうにもアホらしい、勝手でマニアックな映画評、ドラマ評。 Copyright (c) 2011 theosakaspirit. All rights reserved.
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

日も暮れて暗い物干し。
部屋の灯りを点けなければ、掃き出し窓の外は暗い。
部屋が明るいと、開閉の際に蚊が入ってくるのだ。
警戒して暗いまま、物干しに降りる。

と、見ると。
ロープに掛かった洗濯物の合間に、物体が。
近づいてみると、向こう側にがある。

お宅さん、どちらから?

短い尻尾あたりを指で突くと、「やめんかい」と嘴を開いて少しだけ威嚇してみせる。

暗い視界のなかシルエットを見るに、どうも毛羽立っている様子で鳥と思しい。
ロープに居座ったまま、退く気配はない。
今一度指で突いてみるが、「やめんかい」、とリアクションは同じ。

奴さんの真横の洗濯バサミを外そうとすると、振動がお気に召さず「やめんかい」と。
そう言われてもな。

三度、つついてみたが、怯む様子もない。
さて、弱った。
親とはぐれたのか。
帰りに迷ったのか。

雛鳥を一夜招いたとしても、与えるエサが思いつかぬ。
放置して死なせても、寝覚めが悪い。
キミの好物は何かね?

途方に暮れる前に、とうに日暮れは過ぎている。
まずは、奴の周りの萎れた洗濯物をやっつけるとしよう。

抗議の嘴をかわして、ともかくも洗濯バサミを外した。

とたん。

ぱたぱたぱた。

漫画の擬音のごとき羽音をたて、不意の来客殿は逃げ去ったのだった。

おいおい。
暗くとも飛べるのか。
鳥目はどうした?

まだ産毛の残る若い鳥は、少々道に迷っていただけらしい。

一宿一飯、授けてもよかったのにな。
いや、生き倒れてくれなくてなによりだ。
暗いから、気をつけて帰りたまえ。

奴さん、一体、誰の子だったのやら。

Copyright (c) 2011 theosakaspirit. All rights reserved.

人気ブログランキングへブログランキングブログランキング・にほんブログ村へ

拍手

PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
カレンダー
06 2018/07 08
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
ブログ内検索
フリーエリア
あわせて読みたい
バーコード
P R
忍者ブログ [PR]