忍者ブログ
読んで楽しい、腹立たしい、どうにもこうにもアホらしい、勝手でマニアックな映画評、ドラマ評。 Copyright (c) 2011 theosakaspirit. All rights reserved.
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

バブル時代の匂いを無理やり取り戻そうとすると、ドラマがダレる。

一昔前のヒット作にあやかろうとして、コケるドラマが見受けられる中。
コイツもそうなのか、と前評判どおりの残念さがチョコチョコ。

ドラマ「安堂ロイド」主人公ふたり(木村拓哉さんと柴崎コウちゃん)の恋愛場面が、やたらと長い
リアルタイムの流れがぶった切られて、エライめんどくさい
短めに刻んでインサートしてたら、婚約者を亡くした喪失感が出るやろうに。
ヒロインの一人芝居も1/5くらいに収まったら、かえって感情が鮮明に出たやろう。

ダラダラしとる。

1話演出は、「ブラッディ・マンデイ」波多野貴文さんやんか。
もったいない!
もっとスピーディな芝居撮るんちゃうん、このひと。
バトルシーンSFな場面は、流石のセンスやのにな。

ダレる主要因はバトルシーン以外の編集
緩急の『緩』が長い
もったいない。

残念な登場をしてしもたんは、『謎の美少女』(桐谷美鈴ちゃん)
もっと神経逆なでする女子高生風なんか、非人間的にするんか。
めんどくさい奴にするんか、不気味な奴にするんか。
置きどころがハッキリせんから、ツカミが学芸会色になった。
このキャラクター、登場シーンは何を狙った?

めつけの残念場面が、破壊的や。
ヒロイン(柴崎コウちゃん)のお詫び会見場面。
これが、けしからん

情報漏洩のお詫び会見で、謝るどころか記者のプライベート情報を暴露し、あまつさえ冷笑
これこそ『訴えられる』。
想定内のヤジに、なんで子どもの喧嘩売る?
広報がこんなんやったら、信用失うで。

他者の私的情報を無断で公開。
この手口、古くはワイドショー、今はSNS悪意ある拡散といっしょか。
おお、こわ。

プライバシーに対する意識、やな。

人口知能が目覚める無垢な愛のドラマ、いきなり世俗の垢がちらほら?

Copyright (c) 2011 theosakaspirit. All rights reserved.

人気ブログランキングへブログランキングにほんブログ村 芸能ブログ 男性芸能人・タレントへブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村 テレビブログ テレビドラマへにほんブログ村 テレビブログへ

拍手

PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
カレンダー
06 2018/07 08
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
ブログ内検索
フリーエリア
あわせて読みたい
バーコード
P R
忍者ブログ [PR]