忍者ブログ
読んで楽しい、腹立たしい、どうにもこうにもアホらしい、勝手でマニアックな映画評、ドラマ評。 Copyright (c) 2011 theosakaspirit. All rights reserved.
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

しつこい? え? しつこい?
三段落ちにせんな気がスマンねん、大阪人は。
オチてへんて? ほっといて。

桐谷健太くん20代の『貴重』な二枚目作品。
同時期のテレビ番組では、三枚目。
役者ってなぁ、おもろい仕事やね、ホンマ。

「クローズZERO」な。
辰川時生ちゃん、18歳。
えらい腰回りガッチリした18歳やな。特に「クローズZEROⅡ」
これ、みんなオッサンやんけ。
高橋務くんなんか。牧瀬なんか、そもそもキャラがオッサン
2011年夏クールの「陽はまた昇る」のほうが、ずっとから若いやん。
好きやわ、あのひと。

いかん、話が逸れた。

そんで、なんやその、時生ちゃん。
病気してはるやん、劇中で。

あれなぁ、一回しか病名出てこんから、わかりにくいねんな。
そこは主人公やないんで、しつこいのもアカンやろから妥当やね。
ほんで、これまた漢字変換しづらいのんな。

略しても『脳腫瘍』とちゃうで
大きなお世話、すんまへんな
癌とちゃうねん、時生ちゃん。

『解離性脳動脈瘤』な。
血管状態になる『動脈瘤』
『解離性』の場合は血管内の層(多重構造になってる)が剥がれた隙間に血液が溜まって出来る、そうな。

えっと、専門家の方、だいたい合ってる?

頭部に発生するケースは先天性が多い、とな。
とりあえず、劇中設定としては、わりとリアリティ追求型かな。

いうても、本人、勝手にオペ室に歩いて行くけど。
なにしてんねん、時生ちゃん。
脳外科手術やろ? 盲腸切るんとちゃうし。
麻酔開始は、病室で。
気管挿管は、前室で。これは大きい施設の場合やけど。
スラックスはアカンで。カテーテル使えへん。

まあ、もちろん演出やけど

で、癌とは違うんで、術後が良好やったら放免?
え? 再発ありやて?!
そんで2作目では、みんなで過保護

そら、セメダインでは治らんわ。

Copyright (c) 2011 theosakaspirit. All rights reserved.

にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ人気ブログランキングへブログランキング

拍手

PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
カレンダー
06 2018/07 08
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
ブログ内検索
フリーエリア
あわせて読みたい
バーコード
P R
忍者ブログ [PR]