忍者ブログ
読んで楽しい、腹立たしい、どうにもこうにもアホらしい、勝手でマニアックな映画評、ドラマ評。 Copyright (c) 2011 theosakaspirit. All rights reserved.
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

特報映像が公開になった三池崇史監督「愛と誠」
かっこいい。
なんで今頃『番カラ』やねん。と思ったら、なんなんだ、まったく。

またもやクエンティン・タランティーノ大喜びしそうだ。

どうも三池監督カメラワークの趣味は好物だと悟ったわけで、そんなら映画「一命」はおさえにゃならんか、という矢先。
「愛と誠」特報発表。

現場の交通整理がオイラの仕事的な発言が多い三池崇史監督だが、単にホイッスル咥えて立っているものかよ。
どいつもこいつも、勝手気ままに仕事をさせたら、1カット撮るにも一日かかるさ。

知らないうちに誘導される演技者たち。
沢山の宿題を与えられながら。
役作りは、まず演技者自身が役を育てるところから。

技師やエキスパートの納得のゆくまで、しっかりと作りこませるセットやライト。そしてカメラワーク。

みんな、この人の掌の上で踊る

そういうこった。

そして最新作「愛と誠201X」

誠は妻夫木聡くん、愛は武井咲ちゃん
実年齢に差がありすぎるが、出来てのお楽しみ。

2012年6月公開作品。
つまり半年以上も先の映画の特報映像が公開されたわけだ。
芝居がかった宣伝するじゃないか。

しかも、主演以外のキャストは内緒
あらすじも、なにもかも、ナイショ
公開まで半年以上もあるのに、宣伝しておきながら。

なんて宣伝上手だ。
どいつの差し金だ。
楽しみにしちまうじゃないか。

Copyright (c) 2011 theosakaspirit. All rights reserved.

にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ人気ブログランキングへブログランキング

拍手

PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
カレンダー
08 2018/09 10
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
ブログ内検索
フリーエリア
あわせて読みたい
バーコード
P R
忍者ブログ [PR]