忍者ブログ
読んで楽しい、腹立たしい、どうにもこうにもアホらしい、勝手でマニアックな映画評、ドラマ評。 Copyright (c) 2011 theosakaspirit. All rights reserved.
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

もう、誰にも三池崇史監督の勢いを止めることなどできない。
「やっちまった」談。
あながち否定もできない。
あのオッチャン、エライことをしでかしたようだぞ。

予想にたがわず、唄って踊って笑わせてホロリとさせる
予想を超えた娯楽性。
三池組、エライこっちゃ。

数々のツッコミ台詞がナイス、な呼吸
三池カントクスベらへん

もうトコトン、どエライことになってる映画「愛と誠」

公開初日レイトショー。
繁華街でない地域の映画館でも、カップルが客層のかなりを占める。
デートのお帰り前に映画一本。
みなさん、それは、実によい習慣だ。

原作ファンの方も、そうでない方も。
おひとりさまでもご家族さまも。
とくにラブラブのカップルに。

愛を語り合う甘い時間の前に、ぜひ。
「愛と誠」のタイトルに名前負けなし。

妻夫木聡くんの言うとおり。
たしかに『純愛エンターテインメント』かというと、これは違う。
彼が壊れるのも無理からぬこと。
むしろ、素知らぬ顔を貫きとおす武井咲ちゃんの大物感がオソロシイ

この映画で得心のいった事実ふたつ
真の無垢は、やはり猛毒
そして、三池監督作品では、自身の内にサディスト素養を見出せない演技者は、主演を張ることが難しい。

カンヌ映画祭招待とな。
脚本キャスト音楽編集も、どこを切ったって素晴らしい筈だが、ここはひとつ。

美術さん表彰されたら嬉しいな。

Copyright (c) 2011 theosakaspirit. All rights reserved.

にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへにほんブログ村 芸能ブログ 男性芸能人・タレントへブログランキング・にほんブログ村へ人気ブログランキングへブログランキング


拍手

PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
カレンダー
06 2018/07 08
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
ブログ内検索
フリーエリア
あわせて読みたい
バーコード
P R
忍者ブログ [PR]